長澤まさみが出演しているオススメ映画14選

こんにちは!映画大好きたくみんです。本日は、「長澤まさみ」の出演する映画についてピックアップさせていただきます。長澤まさみと言えば、見ているだけで心が癒される上に、演技も多彩ですよね。長澤まさみを観たい!という方はぜひチェックしてみてください。

長澤まさみの出演する映画

マスカレード・ホテル

殺人予告の場所として予告された高級ホテルが舞台のサスペンス映画。ホテルにやってくるお客様たちを疑うことが仕事の刑事、お客様へを信じ尽くすのが仕事のホテル従業員。両者の葛藤や想いを描きつつ、事件の解決ストーリーを描いた作品。長澤まさみは、高級ホテルの仕事に誇りを持つフロント従業員役を演じています。

アイアムアヒーロー

人気コミック「アイアムアヒーロー」の実写化映画版です。ゾキュンというゾンビに人類が侵されていくという映画なんですが、映画では大泉洋と有村架純、そして長澤まさみがゾキュンと戦います。公開当初、映画館に観に行ってグロさにビビりました。帰り道、暗くなった街に歩いている人がゾキュンに見えたのを覚えています。笑

海街diary

舞台は鎌倉。香田 幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)の3姉妹のもとに、15年前に家族を捨てて家を出て行った父親の訃報の知らせが届く。葬儀に出席した際に「腹違いの妹・すず(広瀬すず)」に出会うこととなる。両親を失くし、一人ぼっちになったすずを家族に迎え入れ、4人の姉妹生活が始まる。そんな4人と、3人の母、そして鎌倉の街の人々の人間模様を描いた優しい物語。

WOOD JOB!

軽い気持ちで林業の道を歩みだす主人公(染谷将太)と、林業に生きる男たちの物語。長澤まさみはそんな林業のある村に生きる女性を演じています。林業という普段触れることのない職業について知ることができ、自然の中に生きる様子から生きる活力をもらえる映画。オチも個人的にツボで、オススメの映画です。

ボクたちの交換日記

お笑い芸人を目指す若手コンビを描いた物語。男二人で夢を追う、そこには素直になれないシーンがたくさんあります。そんな二人の素直なコミュニケーション手段として登場するのが「交換日記」です。そしてやがて二人は別々の道を進みますが、二人で夢を追っていた頃に書いていた交換日記が再び二人をつなぐ。という物語。長澤まさみは売れないけどポジティブに前を向いて夢を目指すお笑い芸人の彼女役を演じています。

奇跡

ピュアさ満点の映画で、観ると心がやさしくなる。両親の離婚をキッカケにバラバラに過ごすこととなった小学生の兄弟が「奇跡」を起こすために動き出す物語。小学生の頃ってこういうことしたよなぁ〜、自分も同じように感じてたよなぁ〜って懐かしくなる。「奇跡」を信じて全力投球できる姿に心を打たれる。自分も、計算ばかりしてないで、あの頃のようにまっすぐにぶつかっていきたい!と思えた。長澤まさみは小学校の先生を演じています。

モテキ

長澤まさみが可愛すぎる一本。大事なことなのでもう一度言うと、長澤まさみが可愛すぎる一本です!(笑)。ダメダメ男に訪れた「モテキ」。4人の女性の中の一人を演じるのが長澤まさみなんですが、その魅力に振り回される映画です。長澤まさみファンなら「難しいこと考えずに観ましょう!」とオススメできる一本です。

岳-ガク-

舞台は北アルプス山系。小栗旬と長澤まさみの共演作で、二人は山の安全を守る山岳救助隊。この映画を観ると山の壮大さ、そして人間のちっぽけさを感じられる。「生きろ」という言葉に強い想いの乗った一本。山の景色や音も楽しめる。

曲がれ!スプーン

超常現象バラエティー番組のADを担当する主人公が、番組のネタを掴むべく全国のエスパーを目指して行脚する物語。エスパーが集う喫茶店で繰り広げられる、ドタバタエスパーコメディ作品。子どものころ信じていたUFOやサンタクロース、そんなワクワクの源泉を大切にした作品で、コメディの中にハートフルな要素を持ったあたたかい作品。

そのときは彼によろしく

深い眠りについたまま起きられなくなる病気にかかる少女を演じる長澤まさみ。自分の命がここで終わると知った時、人は何を考え、どんな行動をとるんだろうか。心の奥底で一番大切なモノや人のところに最後はゆくんだろうな、なんて感じた。長澤まさみの美しさや、時折出てくる水草が本当に綺麗な作品でした。

ラフ

長澤まさみと速水もこみちという、爽やか系美男美女が主演を務める青春ムービー。こちらもただただ長澤まさみがかわいくて、自分もこんな高校生活送ってみたかったな〜なんて感じる一本です。何も考えずに観て楽しめる映画。

涙そうそう

沖縄を舞台にした、兄と妹の半生を描いた作品。ストーリー的にはなんてことのない普通な物語ですが、なんせ長澤まさみがかわいい作品です。兄を演じるのは妻夫木聡で、そんな兄のことを「にーにー」と呼びます。こんな妹がいたらそりゃ命がけで守りたくなるよ!という映画。妻夫木聡、長澤まさみファンの人にはたまらない一本ですね。

タッチ

誰もが知ってる野球コミック「タッチ」の実写映画。映画としての中身は正直なところあまりオススメできません…が、長澤まさみが観たい!ということであればバッチリな映画です。

深呼吸の必要

2004年放映の映画で、長澤まさみもまだかなり若いです。物語としては、都会で暮らし、それぞれに心の傷や疲労を抱えた人たちが沖縄のサトウキビ狩りを通じて元気になっていくという映画。古い映画ですが、今観てもとても良い映画で、人間関係や仕事に疲れた時に一度観てみたい作品です。

おわりに

以上、長澤まさみの出演する映画についてでした。気になる映画はありましたでしょうか。ちなみに筆者たくみんとしては、モテキの長澤まさみの可愛さがダントツで好きです。

なお、長澤まさみ以外にも、キャスト別のオススメ映画紹介記事をアップしておりますので、よければ合わせてチェックしてみてください。それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

今回ピックアップしたオススメ映画

  1. マスカレード・ホテル
  2. アイアムアヒーロー
  3. 海街diary
  4. WOOD JOB!
  5. ボクたちの交換日記
  6. 奇跡
  7. モテキ
  8. 岳-ガク-
  9. 曲がれ!スプーン
  10. そのときは彼によろしく
  11. ラフ
  12. 涙そうそう
  13. タッチ
  14. 深呼吸の必要