Blenderの勉強を始めてみた!超楽しい!

前々から興味のあった「Blender」をいじり始めてみた。Blenderとは、3DCGの編集ソフトである。Adobe社の映像編集ソフト「After Effects」で映像制作を楽しんできたこの一年、やればやるほどに3DCGへの興味が高まり続けていた。想像したものが形になる、2Dでこの喜びなのだから、3Dになったらそれはどれほどのものなのだろうか、と。

今日、そのBlenderを始めて使ったみたので、その感想や、今感じていることなんかを記録しておきたい。

始めてBlenderを使ってみた感想

Blenderを使ってみて感じるのは、まず、「楽しい!!!!!」という一言に尽きる。まずは右も左も分からない中での操作になるので、チュートリアルを見ながらいじった。

●実際に作ったもの

●参考チュートリアル
【初心者向け】世界一やさしいBlender入門!使い方&導入〜画像作成までを解説【Blender2.9】

作っている形もとても簡単なもの。でもそれでも、楽しい!形ができていく過程ってやっぱり楽しい。モーショングラフィックスを動かすのも楽しかったけど、自分はやっぱり「形を作る」とか「造形」の方に興味が強いんじゃないかって思い始めた。

操作や、3DCGについての考え方についてはこれから一つ一つ学んでいきたい。かなりハマりそうな予感である。

作りたいもの

直近は、良さげなチュートリアルをいくつかやってみようと思っている。その後、野菜のモデリングやスーパーの店内をモデリングするなどしてみたいと考えている。というのも、自分の本業はスーパーの店員であり、仕事に関連する形を作ってみたいと思ったからだ。レイアウトを二次元の図面で見ることなどがあるが、それを3Dでできたら楽しそう、と思ったのである。

また、Blenderのデータは3Dプリンター用のデータにも加工できるようなので、いずれはBlenderで作ったものを実際に造形して楽しんでみたいと考えている。3Dプリンターについても追い追い勉強していき、年内には実際にプリンターを購入してみようと考えている。兎にも角にもワクワクが止まらないのであった。

創作系、アウトプット系の趣味ってやっぱりいいよね!