当ブログを個人的な日記的な、そして雑記的な存在として路線変更していこうと思う

このブログはもともと、日々感じたことや思ったことをメモしていくための雑記ブログとして立ち上げた。流れの中で、映画や本を紹介するブログへとスタンスを変え、放置期間を経て今に至る。今回は、今後このブログ「Takumin.Online」をどう扱っていくかについて整理しておきたい。

Takumin.Onlineの今後

当ブログのこれまで

純粋に書きたいことを雑記ブログ期

冒頭でも書いたが、当ブログ『Takumin.Online』はもともと、純粋に「書く趣味」として始まった。当初は別のドメインを利用しており、映画の感想をメインにしつつ、本の紹介、アニメの紹介をはじめ、音楽機器やPC関連、ビジネススキルやライフハックなど、とにかく手当たり次第に思いついたことを記事にしていた。ただただ書くのが楽しかった時期である。

収益化前提の有目的期

その後、仕事でWebマーケティングに浸かるようになった頃から、自分のブログでもSEOを意識するようになり、収益化もはじめた。その頃から記事のテーマ選定、書き方など、全てをロジカルに逆算するようになった。「書きたいものを書く」よりも「読まれるテーマで書く」へと重心が動いていった。それは悪いことではなく、そこから学んだことはたくさんあり、雀の涙程度とは言え収益化できたことでブログを継続するコストは回収できるまでになった。

書くことが億劫になった疲弊期

収益化が楽しくて、どんどんSEOや広告の世界にハマっていった。その結果、書くのが億劫になる時期が来た。書きたいことよりも、もっと言えば「本音」よりも、収益化のために書くべきことを書かねばならないという感覚に陥ったからだ。ステルスマーケティングすれすれの記事すら書いていたりした。そういうのが嫌になって、一旦以前のドメインを廃止し、その中から映画と本に関する記事だけを移行したのが今のこのブログとなる。

ドメインを刷新してから、少しだけ記事を書いたけれど、やはり何を書けばいいか分からない時期は続いた。そこで今回、思い切って初心に帰り、雑記ブログへと方針を振っていこうと決めた。

当ブログの今後

日々考えたことを書き残していく(ジャンルは絞らない)

これまでの流れの中で抱えるようになった自己矛盾を解消すべく、今後は書きたいと思ったこと、書き残しておきたいと感じたことを書く。ジャンルは絞らないし、読者層も選ばない。もっと言えば、「読んでもらうために書く」ことを辞める。他者に向けて書くのを辞めて、自分のために書く。書きたいという欲求を満たすため、書く過程での内省、それらを目的としてブログを扱う。

収益化のシステムは利用するが主目的にはしない

現在このブログはアドセンス広告やアマゾンアソシエイトなどを利用し、広告収入を得ている。前述した通り、これらから逆算したテーマ選定、構成設計を行うことを辞める。ただし、システム自体は残して運営を続ける。主目的にはしないが、読んでもらえる限りには収益化を行うというスタンスで運営する。よって、キーワード選定はしないし、文字数も気にせず、SEOを前提とした構成も考えない。

ですます調からである調へ

読まれるために書くのを辞め、自分のために書くというスタンスの変更に伴い、ですます調からである調へと言葉使いを変えていこうと思う。これまでの文章はですます調で書いてきたから、である調での記事作成は新しい試みとなる。これもまたちょっとした変化であり、楽しみの一つだ。

おわりに

この記事を書いていて、懐かしい気持ちになっている。ただただ書くことが楽しかった、ブログ初期時代の童心に戻った気持ちで楽しんでいこうと思う。もちろん、ここに書いた内容も変わるかもしれない。変わるのならそれもまた良し。ただ、自分にとって「書くこと」「書くことによる内省的な時間」が大切であることはおそらく変わらない。その部分だけは失ってしまわないよう、楽しんでいきたい。