ボクシングがテーマのオススメ漫画6選

こんにちは!たくみんです。今回は、観ていて熱くならずにはいられない、ボクシングがテーマのオススメ漫画についての投稿です。ボクシング漫画が好きな方、探している方なんかはぜひチェックしてみてください。

ボクシングがテーマのオススメ漫画

はじめの一歩

いじめられっ子だった主人公の一歩がボクシングをきっかけに人生が好転していく話です。一歩は才能に溢れた選手ではなく、誰よりも努力を積み重ねることで成長していき、ついには日本チャンピオンになります。ボクシングの醍醐味がわかりやすく、引き込まれるように描かれているところがとても魅力的な作品です。現在127巻と長編ですが、ストーリー展開も早く、ギャグ要素もあり、あっという間に読み切ってしまうオススメの漫画。

あしたのジョー

少年院上がりのやさぐれた青年が、ボクシングを通し人間として、ボクシング選手として成長していく少年漫画です。少年マンガと言っても大人が惹きつけられる素晴らしいスポーツマンガです。なんと言っても力石との対戦、ジョーと戦うために過酷な減量を行うシーンがあります。狂気的ではあるがライバルと同じ条件で戦いたいと思うこの気持ちは、男なら誰しも共感できると思います。ボクシンング好きはもちろん、ヒューマンドラマ作品が好きな人にもぜひ読んでみて欲しいオススメの漫画です。

1ポンドの福音

らんま1/2やうる星やつらでおなじみ高橋留美子のヤングサンデーコミックスです。根性はないけれどハードパンチャーであるプロボクサー耕作はシスターに恋をします。毎度減量に手こずるシーンも壮絶で読みごたえがありますし、シスターとのゆっくりだけれど確実に実っていくストーリーは耕作のボクシングの頑張りとともに比例していきます。思うようにならない現実に葛藤している人や、元気を出したい人にオススメな作品です。

KATSU!

タッチやH2で有名な漫画界の重鎮、あだち充の隠れた名作です。主人公の男子高校生の活樹(かつき)が勘違いでボクシングを始めるところから物語は始まります。この漫画のオススメポイントは、活樹の周りの人々が、一人また一人と、自分の夢を活樹へ託していく様子です。性別や、家の事情、年齢等々の、どうにもならない理由で諦めなければいけなかったボクシングへの情熱や夢を、活樹へ託していきます。周りの人々の胸の内や、全ての思いを背負って成長し続ける主人公の強さに触れるうちに、全ての登場人物が愛おしくなる作品です。

ホーリーランド

日本および韓国でもテレビドラマ化された人気作品。いじめられっ子だった主人公がストリートファイトでボクシングの才能を開花させ、次第に夜の街でのし上がっていく…。孤独や葛藤を感じたことのある人なら、夜の街に生きる若者たちの「居場所を見つけるための闘い」に共感できるはず。物語もどんどんドマティックに展開し、思わず一気読みしてしまうオススメのボクシング漫画です。

がんばれ元気

ボクシングを取り巻く人間、そして周辺環境の全てを丁寧に描写した作品内容が魅力的です。父を倒した最強のチャンピオンに対する息子のリベンジという長編ストーリーの骨格がしっかりしている上、主人公の心身の成長や枠を固める人物たちの人間模様などを「決して冗長にならずに」描き切っている点で、他の凡百のボクシング漫画と一線を画しているオススメの作品。

おわりに

以上、ボクシングがテーマのオススメ漫画についてでした。ボクシングというスポーツ漫画としてはもちろん、生き様を魅せられるドラマ的な感動がある作品ばかりです。気になる漫画があればチェックしてみてください。

なお、当ブログでは過去、ボクシングがテーマのオススメ映画に関する記事や、元気が出るオススメの漫画10巻以内に完結するオススメの漫画などについても記事を投稿しています。よければ合わせてチェックしてみてください。それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

  1. はじめの一歩
  2. あしたのジョー
  3. 1ポンドの福音
  4. KATSU!
  5. ホーリーランド
  6. がんばれ元気