創作欲求が刺激されるオススメのYoutubeチャンネル「無駄づくり / MUDAzukuri」

こんにちは!たくみんです。今日は私が最近ハマっているYoutubeチャンネルについて書きたいと思います。チャンネル名は「無駄づくり / MUDAzukuri」。

頭の中に浮かんだ不必要な物を何とか作り上げる「無駄づくり」を主な活動するクリエイター、「藤原麻里菜」さんが運営するものづくりチャンネルです。

オススメのチャンネル「無駄づくり / MUDAzukuri」

ものづくりの楽しさを感じさせられる

動画:怒ると勝手にひっくり返るちゃぶ台

無駄づくりチャンネルは、読んで字のごとく無駄なものをひたすら作り続けているのですが、それを見ているとものづくりの本来の楽しさを感じさせられるんですよね。「作りたいと思ったものを作る」という自分の欲求に素直になる感じだったり、「思い浮かんだものを形にしてみたい」という好奇心に満ちたワクワク感だったり。

動画:歩くとおっぱいが大きくなるマシーン

作りたいから作る、見たいから作る、知りたいから作る。そんな純粋な、何者にも汚れていない気持ちを思い出させてくれたように思います。自分も作ることが好きだけれど、いつしかそれが仕事になって、理由や結果を求められるようになり、無意識のうちに作るべきもの、作るとウケるものを作るようになっていた側面があります。ただ作りたい、そんな衝動にも似た好奇心に身を任せて何かを作っていた頃の気持ちに立ち返ってみたいと思うのでした。

幸せな気持ちで作ると幸せなものができる

やや話は逸れて、先日観た映画『ラーメン食いてぇ!』という作品の中にこんなセリフがあったんです。

幸せな気持ちで作れば、幸せな味のラーメンができる

これってものすごく大切なことだなと思うのです。幸せな気持ちで書けば幸せな文章ができる、幸せな気持ちで歌えば幸せな曲ができる。そして、何かを作る上で幸せであるためには、「作ることを楽しむこと」、これを忘れてはいけない。その根底にあるのが、作るって楽しい、形にするってワクワクする。そんな欲求なのではないか、そういう想いを消耗してしまわないように、自分の欲求を育む場や、時間を持つべきではないか。そんなことを、この無駄づくりのチャンネルを見ていて思いました。

小学生の頃、図画工作が楽しかったあの頃を振り返りつつ、幸せな気持ちで、別の誰かに幸せな気持ちを届けられるように頑張りたい、そう思います。

おわりに

以上、創作欲求が刺激されるオススメのYoutubeチャンネル「無駄づくり / MUDAzukuri」についてでした。改めて、自分も何か手を動かして作りたくなりました。今後も、素敵なチャンネルがあれば記事にしていきたいと思います。

▼「無駄づくり / MUDAzukuri」チャンネルはこちら
https://www.youtube.com/user/mudadukuri/featured

また、「クリエイター・アーティスト・職人・起業家などが主人公!ものづくり魂が刺激されるオススメ映画」という記事では、創作欲求が刺激されるようなオススメ映画について紹介していますので、よければ合わせてチェックしてみてください。それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。