深津絵里が出演しているオススメ映画5選

こんにちは!映画大好きたくみんです。今回は、キャスト別のオススメ映画紹介、深津絵里編といきたいと思います。深津絵里と言えば個人的に、踊る大捜査線シリーズのイメージでした。先日、映画「サバイバルファミリー」を観た時、深津絵里の演技というか雰囲気が素敵だなと思い、これまで観た映画の中で、深津絵里が出演している映画をピックアップしてみようと思ったのが投稿の背景です。

深津絵里が好きな方、深津絵里が出演している映画を観たいという方はぜひチェックしてみてください。

深津絵里が出演しているオススメ映画

サバイバルファミリー

ある日突然電気が使えなくなり、電気が関わる全てのものが機能停止した東京。電気を求めて一家で西へと移動を試みる、サバイバルロードムービー。便利さを求めた先にあるのは幸せか?忙しなくバラバラに生きる一家が、原因不明のアクシデントを機に絆を深めていくハートフルな作品。深津絵里は一家を支える母役を演じています。

永い言い訳

突然の事故で妻を亡くした主人公の男。そして同じ事故で、同じく妻を亡くした夫と二人の子ども。主人公はなぜかその子ども二人の世話をすることになり、不思議な人間模様が描かれる。人を愛することのもどかしさやリアルを感じさせられます。大切なものは失ってから気づく、という言葉の意味に改めて気づかされる一本。深津絵里は、事故で亡くなる妻役を演じています。

踊る大捜査線

織田裕二主演の刑事物語、踊る大捜査線シリーズ。「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」というセリフほか、現場で戦う刑事の姿を描いた作品。深津絵里も、織田裕二と共に現場を駆け回る刑事役を演じています。

悪人

人を殺めてしまった人と、周りの人らの葛藤を描き出した物語。人と人との繋がりの希薄さ、バーチャルさが増す今日において、何が本当の「悪」なのか、「愛」なのかを考えさせてくれる一本。主演の妻夫木聡をはじめ、登場する人物それぞれの抱える葛藤や悩みが感じられる。静か悩みを描いているが、観終わった後には優しく強い何かが残るオススメの一本。

博士の愛した数式

大人気ベストセラーの実写化映画。80分しか記憶がもたない天才数学博士と、その博士の家で働くこことなった家政婦、その息子の物語。数学の美しさを描くと共に、考えることの喜び、苦悩を描く。3人の触れ合いが優しく染みるオススメの一本。博士を支える家政婦を深津絵里が演じています。

おわりに

以上、深津絵里が出演しているオススメ映画についてでした。今後も、深津絵里が出演しているオススメ映画があれば追記していきたいと思います。

なお、深津絵里のほか、多数のキャスト別オススメ映画紹介についても記事をアップしています。よければ合わせてチェックしてみてください。それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

ピックアップしたオススメ映画

  1. サバイバルファミリー
  2. 永い言い訳
  3. 踊る大捜査線
  4. 悪人
  5. 博士の愛した数式