山が舞台やテーマとなっているオススメ映画12選

こんにちは!映画大好きたくみんです。今回は、「山」をテーマにした投稿です。山登りや山の美しさ、山にある自然の幸、あるいは山の怖さなど、山を感じられるオススメ映画についてピックアップしていきたいと思います。気になる作品があればぜひチェックしてみてください。

山を感じられるオススメ映画

岳 -ガク-

舞台は北アルプス山系。山岳救助のボランティアとして登山者の安全を守る三歩(小栗旬)。そして新人の山岳救助隊の久美(長澤まさみ)。二人を待ち受けていたのは雪山の猛威。「生きろ」という言葉が印象に残ります。山の怖さ、人間の生命力を感じられる一本です。

劔岳 点の記

未踏峰の劔岳と言う山へ挑む測量隊たちの山に登ることによって深まっていく絆を描いた作品です。この映画の作中に「自然の美しさは厳しさの中にしかない」と言うセリフが出てくるのですが、本当夕日に照らされた雲海や紅葉は見ものです。ほとんどが実写の映画であり、山好きにはたまらないオススメの一本です。

八甲田山

青森県の八甲田山で実際に起きた、明治時代の日本陸軍の冬季行軍訓練の悲劇を描いた映画です、八甲田山の四季の美しさを表現しながら冬の八甲田の恐ろしさを、そして友情と、愛を描いている、日本映画史に残る作品です、主演が高倉健、高倉健が東映を退社して初めての作品、今までの任侠映画から作品を選んで出演した最初の作品です。

WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜

山での林業とそれを生業とする村、村人の生活を描いた映画です。若者の林業研修をテーマに扱ってるが、だからといって教育や説教的要素は全くなく、主人公がただ何となく成り行きで林業をやってみたようにただ「なあなあ」に気軽に楽しめることがこの映画の魅力です。また山の中では不思議な出来事が度々起こるのですが、都会では忘れてしまった「神様と近い生活」がどこかでまだあるのかもしれないと感じることができるのもおすすめポイントです。

ブロークバック・マウンテン

舞台はアメリカ西部、ワイオミング州のブロークバック・マウンテン。山々の雄大な風景が、とても美しい作品です。主演のヒース・レジャーとジェイク・ギレンホールの演技はとても繊細で、微妙な表情やしぐさで、揺れ動く感情を見事に表現しています。大自然の中で育まれる友情と愛が、いつまでも心の中に残るおススメの映画です。

127時間

127時間の間、腕を大きな岩に挟まれ身動きがとれなくなった登山家の実話を描いた映画です。登場人物はトレッキング中に出会った2人組の女性が少し出演し、作中の半分以上が腕を岩に挟まれた状態の主人公といった斬新な作品でもあります。静と動の幅があり、ハラハラドキドキ感の絶えない作品です。音が良いのもこの映画の特徴。

クリフハンガー

雪山で犯罪組織とレスキュー隊の戦いを描いたアクションサスペンス映画です。雪山でかつての友人の救助に失敗し、自責の念に駆られていた主人公ゲイブの下に新たな遭難事件が発生し、ゲイブは救出に向かいます。しかし実は遭難者は国際犯罪組織のメンバーで逃亡の途中で遭難してしまい、やむなくレスキュー隊に遭難信号を出したのでした。山岳で繰り広げられる迫力のアクションシーンは必見です。

LIFE!

ベンステラー主演のヒューマンドラマです。妄想癖が強い主人公が、ある事がきっかけで一歩を踏み出し人間的に大きく成長するお話です。この映画の素晴らしいところは、壮大な自然の映像です。山々に囲まれたアイスランドでのスケボー映像や、後半に出てくる大きな山への登山の挑戦など、目を疑うような大自然の映像に感動します。また、伏線なども回収し素晴らしいエンディングを迎え、主役の顔つきの変化も見ものです。

オンリー・ザ・ブレイブ

2013年に実際に起こった、アメリカの巨大な山火事に立ち向かった消防隊を描いたディザスター映画です。まずこの作品は、実話映画の中でも屈指のリアリティです。山火事の恐怖を忠実に描き、そこに立ち向かう消防隊や救助隊の苦悩などもはっきりと映し出されています。また、山火事の恐怖だけでなく生き残った者たちの苦しみや悩みなども描かれていて、余韻の残る一本となっています。

ブラックフット

この映画は山にハイキングをしにいった主人公たちが、人喰い熊に襲われるという動物系スリラー映画です。なんといっても熊のどう猛さと頭の良さ、スピードの速さなどが恐ろしく描かれていますので、いつ襲われるのか分からないという緊張感が伝わってきます。山という一見のどかな雰囲気をもつ景色がとても恐ろしく感じられる映画です。

バーティカル・リミット

主人公は幼いころに父と妹とロッククライミングをしているときに事故にあい、自ら父の命綱を切って妹と自分の命を守りました。その出来事から登山をすることを辞めてしまい、さらに兄妹の間にも確執が残ります。大人になってから、妹が山で遭難したと連絡があり、兄は助けるために再び山に登ることを決意します。過酷な山の救助の中で命の選択を迫られる出来事がおきます。自分の命より人の命を守ろうとする人がいる中で、自分の命のことしか考えない人がいたり、極限状態の中での人間の心理を描いておりハラハラドキドキする映画です。

エベレスト3D

世界の登山家を惹き付ける世界最高峰エベレストで、1996年に起きてしまった遭難事故の実話を3Dで映画化したアドベンチャードラマです。普通に暮らしていたら絶対に体験出来ない標高8000メートルの世界。酸素も地上の1/3まで減少し、気温もマイナス25℃、時には時速320㎞の風速でとてつもなく過酷な環境の中で、それでも夢を叶えようとする登山家の方々の行動。3Dで映画を楽しめるので実際に自分もその場所にいるような気分にさせられます。

おわりに

以上、山を感じられるオススメ映画についてでした。今後も、山に関する素敵な映画に出会えば、追記していきたいと思います。

また、当ブログでは過去「海が舞台やテーマとなっているオススメ映画」や「自然や人との触れ合いなど!田舎暮らしの魅力を感じるオススメ映画」などについても記事をアップしています。よければ合わせてチェックしてみてください。それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

ピックアップしたオススメ映画

  1. 岳 -ガク-
  2. 劔岳 点の記
  3. 八甲田山
  4. WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜
  5. ブロークバック・マウンテン
  6. 127時間
  7. クリフハンガー
  8. LIFE!
  9. オンリー・ザ・ブレイブ
  10. ブラックフット
  11. バーティカル・リミット
  12. エベレスト3D