医療がテーマになっているオススメ映画4選

どうもこんにちは!映画大好きたくみんです。本日は医療がテーマになっている映画の中から、オススメの映画をピックアップしています。命の現場を描いているからこそ感じられる大切な何か、葛藤、愛情、挑戦。生きることに向き合いたくなる、そんな映画の数々を紹介していければと思っています。

医療がテーマのオススメ映画

神様のカルテ

現役医師の夏川草介のベストセラー小説を映画化した作品で、終末医療をテーマにしたリアリティーのある医療映画である。信州の地方病院に勤務する主人公の姿を通して、患者さんとの関係や家族の大切さを暖かく表現するとともに医師としてそして人間として成長する姿を描いている。主人公の、終末医療の患者さんに希望を与える優しい姿や医療に対する熱心さに心打たれる映画。

パッチアダムス トゥルー・ストーリー

パッチアダムスは実在する医師をモデルに作られた映画です。主人公のハンター・キャンベル・アダムスは精神を病み、精神病院に入院します。入院生活をしていく中でアダムスは回復には笑いが必要だと気付きます。その後、アダムスは精神病院を退院し、医師を目指すために大学の医学部に通い、ピエロの格好をしたり、サプライズをしたり、患者のしたかったことを実現するなど、「命の尊厳」に向き合ったこの作品は、医療という枠を超えて、人が人として生きる上で大切なことをたくさん教えてくれるオススメの映画です。

ジェネラル・ルージュの凱旋

竹内結子・阿部寛・堺雅人という豪華キャストで贈るバチスタシリーズ第二作。「ジェネラル・ルージュ」と称される救急医の速水晃一は高い医療技術を持つものの、彼の企業との癒着疑惑やパワハラ、そして後を絶たない救命患者達への対応になどによって救急センターはピンチに陥っていた。速水にまつわる数々の悪い噂の真相が分かり、そして大災害の発生を受けて速水が再びジェネラルとして復活する映画終盤の展開は必見。

わたしの中のあなた

自分は誰のために生きているのかと同時に誰かのおかげで生きているかもしれないということを考えさせられる作品です。医療は日々進歩し私たちの生活に様々な利益を享受してくれますが、その医療の在り方や移植とは?いざ自身がその立場になったときにどのような判断をするのか考えずにはいられません。

おわりに

以上、医療がテーマになっているオススメ映画についてでした。医療をテーマにしたオススメ映画については、まだまだ今後コンテンツを追加していきたいと思っております。また期間を開けて、ぜひ読みに来てください。それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

今回ピックアップしたオススメ映画

  1. 神様のカルテ
  2. パッチアダムス トゥルー・ストーリー
  3. ジェネラル・ルージュの凱旋
  4. わたしの中のあなた