恋がしたくなる映画!オススメ恋愛映画58選

こんにちは!映画大好きたくみんです。本日はこれを観ると恋がしたくなる〜!という恋愛映画をピックアップしてみたいと思います。キュンキュンするような作品からパートナーとの愛の深さを感じられる作品、愛とは何かを考えさせられるような作品など。幅広くいきます。

恋人がいる人、好きな人がいる人、今は恋から遠のいているという人も、すべての人に素敵な恋が実りますように。という思いを込めて、恋がしたくなるようなおすすめの恋愛映画をピックアップしていきたいと思います。

恋がしたくなる恋愛映画 1~20作品

いま、会いにゆきます

僕が「恋」「愛」と聞いて真っ先に思い浮かぶ映画「いま、会いにゆきます」。2004年上映のちょっと古めの映画になりますが、大大大好きなんです。相手を想う気持ち、相手を想うと不甲斐なくなる自分。愛する人を失うという不安、愛する人を残していくという葛藤。いろんな想いが交錯する中に、たくさんの愛が溢れています。有名な作品になりますが、もしまだ観ておられなけれは、ぜひオススメしたい映画です!

ウソはホントの恋のはじまり

小説作家の主人公は「カフェで出会った店員さんの名前」を手掛かりにSNSでその女性を検索し、理想の男性になれるように自分をつくりあげる。本当の自分ではない嘘の自分を好きになってくれる彼女との恋愛の中に生まれる葛藤。人を愛すること、そしてありのままの自分でいることの素晴らしさを教えてくれる恋愛映画です。

アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜

主人公がある日手に入れた「タイムスリップする能力」。好きになった女の子に、あれこれとタイムスリップしながら試行錯誤してアプローチしていくお話。ベタな展開ではあるものの、恋をしている時のウキウキ感が感じられ、また同時に「今」という時間の大切さや「有限な愛しい時間」について考えさせてくれる、おすすめの恋がしたくなる映画です。

50回目のファースト・キス

事故で記憶が1日しか保たなくなってしまった女性。そしてそんな女性に恋をした男性の物語。毎朝、毎日、君に恋をする。という言葉をそのまま映画にしたような作品で、何度もなんども愛を伝えるその姿に心があたたかくなる。後味も良く、恋の素晴らしさ、そして愛に触れられるオススメの恋愛映画です。

世界にひとつのプレイブック

妻の浮気によって精神障害をきたしたパッド。夫の死をキッカケにクレイジーになってしまったティファニー。心のどこかが欠けた2人の男女が出会い、ダンスを通じて前を向いていく物語。反発し合いながらも支え合う2人の姿が素敵で心温まる。ラストが好きで、後味の良い映画です。

ラブ・アクチュアリー

愛にはいろんな形がある、ということを教えてくれる恋愛映画の決定版。この映画は何度か観たのですが、歳を重ねるごとに深みが理解できるようになってきました。まだ観ていない人にはぜひオススメしたい一本です。

P.S.アイラブユー

こちらも不屈の名作ですね。夫を亡くしてから家に引きこもりになっていた女性の元に、ある日、亡くなったはずの夫から手紙が届く。手紙を通じて妻を導いていく夫の愛に心を打たれる。夫婦の愛、家族の愛、たくさんの愛が感じられる心温まる恋愛映画です。

忘れないと誓ったぼくがいた

「みんなの記憶から消えてしまう」という特異な症状を持った女の子と、そんな女の子を好きになる男子高校生2人の恋の物語。ヒロインを演じる早見あかりの笑顔が素敵すぎて応援したくなる。が、その笑顔が一転、強烈な切なさへと変わっていく。最後まで観終わったと、もう一度観たくなる印象深い一本です。

ホリデイ

人生にちょっとくたびれた2人の女性が「生活を交換する」という物語。逃げた先で出会ったのは、心を優しく包んでくれる2人の男性。男性陣の優しさが心に染みる。この映画を観ると純粋に自分も恋がしたくなる、定番の恋愛映画です。

箱入り息子の恋

35歳、市役所職員。趣味は貯金。そんな引きこもりの主人公が目の見えない女性に恋をして一歩踏み出す物語です。一生懸命ってのはそれだけで無様なもんなんだ。でも、かっこ悪くても全力で向き合う姿はかっこいい。自分も前に踏み出そうと思える恋愛映画でした。

キューティ・ブロンド

ハーバードに進学する彼に振られた主人公。自分も同じ大学に行くために勉強し、入学後も周りの冷ややかな目に負けず前向きに努力する。主人公の底なしの前向きな姿や、入ってくる音楽、そして画面を埋め尽くすピンク色に元気と勇気をもらえる一本。時間も短く、気軽に観ることのできるおすすめ恋愛映画です。

君に届け

青春×恋愛というテーマで切り取ればそのど真ん中にくるであろう映画「君に届け」。暗くて浮いている「サダコ」と、みんなからの人気もあり、爽やかイケメンの「カゼハヤ」くんの恋愛物語。「好きだ」って想いを伝えること、そしてその想いを受け止めることの大切さを教えてくれる。それにしても、こういう高校生の恋愛がしたかったです!←

ハルフウェイ

こちらも高校生の恋愛物語を描いた映画。語弊を恐れず言うとこの映画で切り取られるのは「普通の高校生の恋愛」。まだまだ若くて自分勝手な恋愛。あぁ〜、自分にもこういうことあったなぁ。こんなこと感じたり、こんなこと言っちゃってた時あったわぁ〜なんて思って懐かしくなるような、恋がしたくなる映画です。

orange

高校生2年生のナホのもとに届く「10年後の自分からの手紙」。そこに書かれていたのは、自分が好きになる男の子のこと。2人はその手紙にあった通りに仲良くなり、距離を縮めていく。しかし手紙にはもっと重大なメッセージが込められていた。土屋太鳳のたどたどしい感じがピュアで良かったなぁと思える一本。

婚前特急

吉高由里子が演じる5股をかけるOLが主人公。スペックか、見た目か。心のつながりか、自分にとって本当に大切な人は誰か、自分のことを本当に想ってくれる人は誰なのか?について迫っていく物語。ラブキュンというよりは笑いながら観るラブコメディ映画です。

天使の恋

携帯小説から映画化された作品。病気で一歩踏み込めないコウキと、過去に性的暴力を受けて人に対して普通でいられなくなったリオ。二人の恋愛物語。内容的にはややシリアスなシーンもあるが、何より佐々木希がかわいい作品です。

カノジョは嘘を愛しすぎてる

人気バンドのサウンドクリエーターと音楽好きの女子高生が恋に落ちる物語。佐藤健のイケメンさ・演技力もさることながら、ヒロインの女の子のかわいさ、そして歌声が光る一本。こんな子がいたら守ってあげたくもなりますよね。観ていてキュンキュンする一本。

電車男

2005年上映の懐かしい映画。引きこもりでオタクの主人公が「エルメス」に初恋をする恋愛物語。山田孝之演じる主人公が一歩一歩踏み出していく姿を応援したくなるし、その姿に勇気をもらえる映画です。

モテキ

金なし、夢なし、彼女なし!のダメ男のもとにやってくる人生最大の「モテ期」を描いたラブコメディ。長澤まさみをはじめとした女性陣の美しさが際立つ一本。世の男性陣に希望を与えてくれる恋愛映画か?僕の元にもやってこい、モテ期よ!!←

余命一ヶ月の花嫁

実話に基づいたストーリーで、24時間テレビなどでも取り扱われて広く知られている本作。展開が読めてしまうもののそれでも心を鷲掴みにされる一本。大切な人と一緒にいられる時間は、当たり前じゃない。一秒一秒を大切に、幸せを噛み締めて過ごしたいと思える映画。

続きは次のページへ↓↓